コラーゲンの疑問

コラーゲンが不足するとどうなるの?

コラーゲンは人の体の中でも大切な役割を担っている成分です。

 

肌はもちろん骨や血管、髪の毛などにもコラーゲンが欠かせません。

 

このコラーゲンが不足するとどういった状態になるのでしょう。

 

コラーゲンは日々の生活の中で失われています。

 

加齢以外にも紫外線が原因でも消費されます。

 

コラーゲンが不足していると目に見えて分かるのはやはり肌の状態です。

 

肌がカサカサしたり荒れやすくなったりします。

 

放っておくとシミやシワが増え、皮膚がたるんできます。

 

また、髪の毛にも影響が出だします。

 

髪のつやがなくなり、次第に抜け毛や白髪が増えてきます。

 

そして体の内部でも深刻な影響が出てきます。

 

骨が脆くなったり骨粗しょう症の原因にもなります。

 

また、視力が低下したり免疫が落ちて病気をしやすくなったりと良いことは一つもありません。

 

コラーゲンを補う一番の方法は体内で作り出すことです。

 

その為には体外からコラーゲン食品やサプリメントを摂取して7、コラーゲンを作り出す機能を促進することが効果的です。

 

また、肌のケアとしてはコラーゲン配合の化粧水を使用するのも良いですね。


1日に必要なコラーゲンの量は?

一般的に一日に必要なコラーゲンの量は5000rといわれています。

 

しかし体内で作られるコラーゲンは20歳をピークにどんどん減少していきます。

 

また、コラーゲンは一日に約2000rが失われるとされています。

 

コラーゲンは食品から摂るのも難しいので、常に意識しておきたいですね。

 

また、一日5000rが必要なコラーゲンですが、だから5000rを摂取すればいいと言うわけではありません。

 

体内に摂取したもの全てが体内ではたらくと言うわけではないのです。

 

その為、理想としては一日10000rのコラーゲンを摂取することが望ましいと言われています。

 

それだけの量を食事から摂るのは難しいですよね。

 

そこで多くの人が利用しているのがコラーゲンのドリンクです。

 

ドリンクであれば一日一本で一日に必要な量をしっかり摂取することが可能です。

 

コラーゲンドリンクは色々ありますが、低分子化されたコラーゲンを使用したものがおすすめです。

 

低分子化したコラーゲンは浸透率が高くはたらく力も大きくなります。

 

それ以外にもコラーゲン配合の化粧水などで直接肌に浸透させるのも効果的です。