コラーゲンの疑問

コラーゲンって肌に何でいいの?

美容クリームや化粧水を見るとよくコラーゲン配合という記載を見かけます。

 

コラーゲンが肌に良いと言うのはよく聞きますが、なぜ肌にいいのでしょう。

 

コラーゲンが肌に良いと言われる理由は、その優れた保湿効果にあります。

 

肌を若く美しく保つのに必要不可欠な要素が保湿です。

 

肌は乾燥するとシワやシミが出来やすくなります。

 

コラーゲンはそういった乾燥を防ぎ、潤いを保つ効果があります。

 

コラーゲンはお肌表面の角質層を保湿する効果があります。

 

その効果として、お肌の再生能力が促されます。

 

そもそもコラーゲンとはタンパク質と同じものです。

 

つまり人間の体はコラーゲンの占める割合がとても大きいのです。

 

コラーゲンが不足すると体調を崩すこともあります。

 

コラーゲンは多めに摂取しても深刻な副作用がないので比較的安心して摂ることが出来る美容成分です。

 

コラーゲンは加齢によってどんどん減少します。

 

そういった場合に体外からコラーゲンを摂取することで体内部でコラーゲンを作る力を活性化させる効果もあるのです。

 

コラーゲンを摂取することで肌の状態を若く保てるのにはこうした理由があるのです。