コラーゲンの疑問

コラーゲンってほんとに効果があるの?

コラーゲン食品からコラーゲンは摂取出来ない、コラーゲンのサプリメントは意味がない。

 

こういった言葉を聞くと、コラーゲン食品って何の効果もないのかな、と思ってしまいますね。

 

確かに、毎日豚足を食べたからと言ってコラーゲンを摂っていることにはならないでしょうし、むしろカロリー面で心配ですよね。

 

コラーゲンは摂るのはとても難しいのが現状です。

 

しかし、かといってコラーゲン自体を無視していいというわけではありません。

 

コラーゲンが減少すると体の至る所に支障を来します。

 

コラーゲンには肌の保湿以外にも、骨や筋肉など身体の至る部分で重要な役割を担っているのです。

 

コラーゲンは体内で作り出されますが、その力は加齢と共に弱くなってきます。

 

そういった時に効果的なのはやはり体外から摂取することです。

 

摂取したものがそのまま取り込めるわけではないですが、体外から摂取することで体内のコラーゲンを作り出す力が促進されます。

 

また、コラーゲンペプチドと言われる低分子化されたコラーゲンなら体への浸透率も高いので摂取することでしっかり効果を発揮します。